アクセスしていただきありがとうございます

はじめまして、福重歯研代表の木下淳一朗でございます。
木下淳一朗は、延べ、30年間セラミストとして技工に従事してきました。
近年、ジルコニアの登場で、先生方に、高品質のオールセラミックスを、自信を持って勧めることが出来るようになり、このたび、オールセラミックスクラウン部門を新設いたしました。
豊富な臨床経験を基に、オールセラミックスクラウン部門を育てて行ければと思い、手作りでホームページを立ち上げました。
ページでは福重歯研の26年の技工を、私なりにまとめてみましたのでよろしければご覧ください。

古代帝王の墓、大ピラミッドは

紀元前2700~2500年代にナイル河西岸に建造された。
中でももっとも規模の大きいもので基底部総面積230㎡、高さ147mの方推計をしており、その四隅は羅針儀の東西南北を正確に指し、赤道の全周と極半径、赤道部の膨らみなどの数値情報がすべて大ピラミッドの形状と寸法の中に表現されていると聞く。
実際のピラミッドの測量結果によると、大ピラミッドの頂点から基底部中央の垂直のずれは30cm、水平性は30cm以下、左右対称は200mに対して20cm以下である。
建造方法は、いくつかの学説があるが、はっきりしたことはわかっていない。
いずれにしても砂漠地に大ピラミッドを巨石郡によって建造することは、古代エジプトに地面の“診査・診断”から建造計画の立案設計といった基本技術があり、高度な技術を身につけた職人たちが数多く存在し、きわめて正確で有効な測量技術をもっていたことを裏づける。

Copyright (C) 福重歯研 All Rights Reserved.